請求書AIクラウド「LayerX INVOICE」、「勘定奉行シリーズ」と連携開始

請求書AIクラウド「LayerX INVOICE」、「勘定奉行クラウド」をはじめとした「勘定奉行シリーズ」と連携開始

2021.02.25 テクノロジーを活用した業務プロセスのデジタル化を推進する株式会社LayerX(本社:東京都中央区、代表取締役CEO:福島良典 以下 当社)は、当社が提供する請求書AIクラウド「LayerX INVOICE」と、株式会社オービックビジネスコンサルタント(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:和田 成史 以下OBC)が提供する「勘定奉行クラウド」をはじめとした「勘定奉行シリーズ」(以下 勘定奉行)との連携を開始します。 「LayerX INVOICE」と勘定奉行の連携により、LayerX INVOICEの利用者は手入力なく仕訳データを勘定奉行に連携することができ、請求書の受領・データ化、仕訳登録、支払といった経理業務にかかる一連のプロセスの上流から下流までをシームレスにデジタル化することが可能になります。 ■本連携の背景 LayerX INVOICEは、請求書の受け取り後、AI-OCRが請求書を自動でデータ化の上、仕訳データや振込データの自動作成及び会計システム連携をシームレスに実行することで経理DXを推進するサービスです。 勘定奉行は、「すべての業務とつながる・ひろがる」をコンセプトにした、会計システムのSaaSクラウドサービスです。 昨今の新型コロナウイルスの感染拡大に端を発した1月の緊急事態宣言の再発出により、「テレワークによる出勤者数7割減」が求められています。こうした社会情勢を踏まえ、テレワークでの業務推進・経理DXの需要に応えるべく、この度の提携にいたりました。 ■本協業の概要 今回の連携により、以下が可能になります。 ・LayerX INVOICEから手入力・変換不要で勘定奉行に取り込めるCSVのダウンロード ・勘定奉行の各種マスタデータのシームレスなLayerX INVOICEへの取り込み ※ 連携対象のサービスは、「勘定奉行クラウド」「勘定奉行iシリーズ」となります。 ※ APIによるデータ連携機能は順次対応予定となります。 勘定奉行上では、LayerX INVOICEからダウンロードされた仕訳データ(CSV)をそのままインポートすることで、自動で会計帳簿、決算書、レポートを作成することができます。 また、勘定奉行で利用しているマスタデータをLayerX INVOICEでも手間なく利用できることから、新たにマスタデータを登録する必要がなく、簡単にLayerX INVOICEが導入可能であり、また運用時の利便性の向上が期待できます。 ■「LayerX INVOICE」について LayerX INVOICEは、請求書の受け取り後、AI-OCRが請求書を自動でデータ化の上、仕訳データや振込データの自動作成及び会計システム連携をシームレスに実行することで経理DXを推進するサービスです。 本サービスの開発にあたり、急成長スタートアップや上場企業、月間の受領請求書枚数が1万枚を超えるような大企業のコーポレート・経理担当者等、累計100社以上に業務課題のヒアリングを実施し、抽出した課題を解決するための機能開発・拡充を行ってきました。2020年10月より一部のスタートアップや上場企業を対象としてβ版の提供を行ってきましたが、この度の緊急事態宣言を受け、高まる経理DX・クラウド化への需要に対応するため2021年1月より本提供を開始しました。 お問合せはこちら:https://www.layerx.jp/invoice/contact ■株式会社オービックビジネスコンサルタント(OBC)について 『勘定奉行クラウド』をはじめとする『奉行クラウド』『奉行クラウドEdge』を、企業のさまざまな業務の領域をお客様のニーズに沿って、各業務の生産性の向上をできるサービスとしてお届けしています。累計65万社を超えるお客様を中心に、従来のシステムをクラウドに転換する「UP to クラウド」を推進し、深刻な労働力不足を背景として多くの企業にとって喫緊の課題となっている働き方改革・業務生産性・テレワークの実現をデジタル業務スタイルで支援しております。 https://www.obc.co.jp/ ■株式会社LayerXについて 「すべての経済活動を、デジタル化する。」をミッションに、業務や生産をはじめとした経済活動の摩擦を解消し、この国の課題である生産性向上を実現するべく、様々な産業のDX(デジタルトランスフォーメーション)を推進しています。2021年1月には、請求書の受け取りから経理の会計処理・支払処理を一気通貫で自動化する「LayerX INVOICE」をリリースし、経理DXを支援しています。 [設立]2018年8月 [代表者名]代表取締役CEO 福島良典 [資本金]31億円(資本準備金含む) [事業内容]経済活動をデジタル化する支援全般(DX事業)、ブロックチェーン技術を活用した事業開発、ソフトウェア開発、R&D …

Continue reading

請求書AIクラウド「LayerX INVOICE」、「PCA会計シリーズ」と連携開始

請求書AIクラウド「LayerX INVOICE」、「PCA会計シリーズ」と連携開始

2021.02.24 テクノロジーを活用した業務プロセスのデジタル化を推進する株式会社LayerX(本社:東京都中央区、代表取締役CEO:福島良典 以下 当社)は、当社が提供する請求書AIクラウド「LayerX INVOICE」と、ピー・シー・エー株式会社が提供する「PCA会計DX」・「PCA会計hyper」(以下「PCA会計」)との連携を開始します。 「LayerX INVOICE」と「PCA会計」の連携により、LayerX INVOICEの利用者は手入力なく仕訳データを「PCA会計」に連携することができ、請求書の受領・データ化、仕訳登録、支払といった経理業務にかかる一連のプロセスの上流から下流までをシームレスにデジタル化することが可能になります。 ■ 本連携の背景 LayerX INVOICEは、請求書の受け取り後、AI-OCRが請求書を自動でデータ化の上、仕訳データや振込データの自動作成及び会計システム連携をシームレスに実行することで経理DXを推進するサービスです。 「PCA会計」は、日常の伝票入力だけで、元帳・試算表・決算書の作成を行えます。さらに経営分析や予算実績管理など、経営者や会計士の方に便利な機能を搭載しております。消費税申告書にも対応しており、e-Tax形式による電子申告も可能です。その他、きめ細かい管理会計機能で、未来志向の経営をサポートします。 ( https://pca.jp/area_product/prokai.html ) 昨今の新型コロナウイルスの感染拡大に端を発した1月の緊急事態宣言の再発出により、「テレワークによる出勤者数7割減」が求められています。こうした社会情勢を踏まえ、テレワークでの業務推進・経理DXの需要に応えるべく、この度の提携にいたりました。 ■ 本協業の概要 今回の連携により、以下が可能になります。 ・LayerX INVOICEから手入力・変換不要でPCA会計に取り込めるCSVのダウンロード ・「PCA会計」の各種マスタデータをシームレスにLayerX INVOICEに取り込み 「PCA会計」上では、LayerX INVOICEからダウンロードされた仕訳データをそのままインポートすることで、自動で会計帳簿、決算書、レポートを作成することができます。 また、「PCA会計」で利用しているマスタデータをLayerX INVOICEでも手間なく利用できるようになることから、簡単にLayerX INVOCEが導入可能であり、また運用時の利便性の向上が期待できます。 ■「LayerX INVOICE」について LayerX INVOICEは、請求書の受け取り後、AI-OCRが請求書を自動でデータ化の上、仕訳データや振込データの自動作成及び会計システム連携をシームレスに実行することで経理DXを推進するサービスです。 本サービスの開発にあたり、急成長スタートアップや上場企業、月間の受領請求書枚数が1万枚を超えるような大企業のコーポレート・経理担当者等、累計100社以上に業務課題のヒアリングを実施し、抽出した課題を解決するための機能開発・拡充を行ってきました。2020年10月より一部のスタートアップや上場企業を対象としてβ版の提供を行ってきましたが、この度の緊急事態宣言を受け、高まる経理DX・クラウド化への需要に対応するため2021年1月より本提供を開始しました。 お問い合わせはこちら: https://www.layerx.jp/invoice/contact ■ピー・シー・エー株式会社について オンプレミスからクラウドへ。時代と環境変化に先駆けて新しい価値を提供します。 働き方改革や生産性向上など多様化するニーズにあわせ私たちはお客様がより満足できる業務環境を構築できるよう、最適な基幹システムと付随する業務支援システムをご提案しています。 [設立]1980年8月1日 [代表者名]代表取締役社長 佐藤 文昭 [資本金]8億9040万円(2014年12月5日 東証一部上場) [事業内容]コンピューターソフトの開発および販売 [コーポレートサイト]https://pca.jp/ ■ 株式会社LayerXについて 「すべての経済活動を、デジタル化する。」をミッションに、業務や生産をはじめとした経済活動の摩擦を解消し、この国の課題である生産性向上を実現するべく、様々な産業のDX(デジタルトランスフォーメーション)を推進しています。2021年1月には、請求書の受け取りから経理の会計処理・支払処理を一気通貫で自動化する「LayerX …

Continue reading

請求書AIクラウド「LayerX INVOICE」、「弥生会計」と連携開始

請求書AIクラウド「LayerX INVOICE」、「弥生会計」と連携開始

2021.02.22 テクノロジーを活用した業務プロセスのデジタル化を推進する株式会社LayerX(本社:東京都中央区、代表取締役CEO:福島良典 以下 当社)は、当社が提供する請求書AIクラウド「LayerX INVOICE」と、弥生株式会社が提供する「弥生会計」をはじめとする弥生会計ラインアップの連携を開始します。 「LayerX INVOICE」と弥生会計ラインアップの連携により、LayerX INVOICEの利用者は手入力なく仕訳データを弥生会計ラインアップに連携することができ、請求書の受領・データ化、仕訳登録、支払といった経理業務にかかる一連のプロセスの上流から下流までをシームレスにデジタル化することが可能になります。 ■本連携の背景 LayerX INVOICEは、請求書の受け取り後、AI-OCRが請求書を自動でデータ化の上、仕訳データや振込データの自動作成及び会計システム連携をシームレスに実行することで経理DXを推進するサービスです。 弥生は、中小企業の「事業コンシェルジュ」を目指し、中小事業者向けに簡単で使いやすい業務ソフトや業務支援サービスを提供しています。弥生会計ラインアップは、日々の記帳から集計・決算書作成まで初心者でも簡単に使える会計・確定申告ソフトです。業務や利用形態に合わせてクラウドアプリとデスクトップアプリをお選びいただけます。 昨今の新型コロナウイルスの感染拡大に端を発した1月の緊急事態宣言の再発出により、「テレワークによる出勤者数7割減」が求められています。こうした社会情勢を踏まえ、テレワークでの業務推進・経理DXの需要に応えるべく、この度の提携にいたりました。 ■本協業の概要 今回の連携により、以下が可能になります。 ・LayerX INVOICEから手入力・変換不要で弥生会計ラインアップに取り込めるCSVのダウンロード ・弥生会計の勘定科目等のマスタデータを手入力・変換不要でLayerX INVOICEにデータ取り込み 弥生会計ラインアップ上では、LayerX INVOICEからダウンロードされた仕訳データをそのままインポートすることで、自動で会計帳簿、決算書、レポートを作成することができます。 また、弥生会計ラインアップで利用している勘定科目等のマスタデータをLayerX INVOICEでも手間なく利用できるようになることから、簡単にLayerX INVOCEが導入可能であり、また運用時の利便性の向上が期待できます**。 ■今回LayerX INVOICEと連携する弥生会計ラインアップ ・クラウドアプリケーション 弥生会計 オンライン ・デスクトップアプリケーション 弥生会計 21 * クラウドアプリケーションは勘定科目等のマスタデータ連携の対象外です。 ■「LayerX INVOICE」について LayerX INVOICEは、請求書の受け取り後、AI-OCRが請求書を自動でデータ化の上、仕訳データや振込データの自動作成及び会計システム連携をシームレスに実行することで経理DXを推進するサービスです。 本サービスの開発にあたり、急成長スタートアップや上場企業、月間の受領請求書枚数が1万枚を超えるような大企業のコーポレート・経理担当者等、累計100社以上に業務課題のヒアリングを実施し、抽出した課題を解決するための機能開発・拡充を行ってきました。2020年10月より一部のスタートアップや上場企業を対象としてβ版の提供を行ってきましたが、この度の緊急事態宣言を受け、高まる経理DX・クラウド化への需要に対応するため2021年1月より本提供を開始しました。 お問い合わせはこちら: https://www.layerx.jp/invoice/contact ■弥生株式会社について 弥生は、中小企業、個人事業主、起業家の事業を支える社会的基盤(インフラ)として日本の発展に能動的に貢献することを使命としています。そのために、事業者の皆さまが事業を立ち上げ、進め、発展する過程で直面するさまざまな課題にお応えできる「事業コンシェルジュ」を目指して、「弥生シリーズ」や「事業・業務支援サービス」を開発・提供しています。 代表的なサービスである「弥生シリーズ」は、クラウド会計ソフト5年連続利用シェアNo.1※1、デスクトップアプリで22年連続売上実績No.1※2を獲得しており、登録ユーザー数は220万を超えました。「事業・業務支援サービス」は、会社設立、会計事務所紹介、オンライン融資※3など、業務ソフトウエアの枠を超えたサービスを提供しています。2020年より社外活動として、社会全体のDX推進に取り組む団体※4の立ち上げに参画するなど、事業者の圧倒的な業務効率化の実現に向け活動しています。なお、弥生は2014年からオリックス株式会社のグループ会社です。 弥生の詳細については https://www.yayoi-kk.co.jp をご覧ください。 ※1 2020年5月29日付プレスリリース:弥生のクラウド会計ソフト、個人事業主向け市場で5年連続シェアNo.1を獲得 ※2 …

Continue reading

freeeアプリストアに請求書AIクラウド「LayerX INVOICE」掲載開始

freeeアプリストアに請求書AIクラウド「LayerX INVOICE」掲載開始

2021.01.15 freeeアプリストアに「LayerX INVOICE」の掲載が開始されました。 詳細はfreeeサイトをご確認ください。 https://corp.freee.co.jp/news/layerx%20invoice.html

Continue reading

LayerX、経理DXを加速する請求書AIクラウド 「LayerX INVOICE」を提供開始

LayerX、経理DXを加速する請求書AIクラウド 「LayerX INVOICE」を提供開始

2021.1.13 テクノロジーを活用した業務プロセスのデジタル化を推進する株式会社LayerX(本社:東京都中央区、代表取締役CEO:福島良典 以下 LayerX)は、緊急事態宣言下でテレワークへの対応が求められる中、クラウドでの請求書処理業務を可能にする請求書AIクラウド 「LayerX INVOICE」の提供を開始します。 LayerX INVOICEを導入することで紙の目視確認や手入力での処理が前提となっていた請求書処理が効率的になり、オンラインで業務を完結することができます。また、緊急事態宣言下で「テレワークによる出勤者数7割減」が目標となる社会情勢を鑑み、本日から3ヶ月間限定で「トライアル無料」「初期費用無料」「初月無料」の経理DX支援キャンペーンを実施します。 ■ 請求書AIクラウド「LayerX INVOICE」について LayerX INVOICEは、請求書の受け取り後、AI-OCRが請求書を自動でデータ化の上、仕訳データや振込データの自動作成及び会計システム連携をシームレスに実行することで経理DXを推進するサービスです。 本サービスの開発にあたり、急成長スタートアップや上場企業、月間の受領請求書枚数が1万枚を超えるような大企業のコーポレート・経理担当者等、累計100社以上に業務課題のヒアリングを実施し、抽出した課題を解決するための機能開発・拡充を行ってきました。2020年10月より一部のスタートアップや上場企業を対象としてβ版の提供を行ってきましたが、この度の緊急事態宣言を受け、高まる経理DX・クラウド化への需要に対応するため提供開始に至りました。 ■ キャンペーン概要 ・キャンペーン名:経理DX支援キャンペーン ・キャンペーン期間:2021/1/13(本日)〜2021/3/31 ・キャンペーン内容:期間中に「お問い合わせ・デモ」を登録頂き2021年内に導入頂けた企業様に「経理DX支援キャンペーン」として「トライアル無料」「初期費用無料」「初月無料」を適用します。 お問い合わせはこちら: https://www.layerx.jp/invoice#contact-form ■ 主要な機能 ・AI-OCR機能 AI-OCRが請求書を読み取り、自動でデータ化を実現します。定型帳票に限らず、非定型帳票にも対応しております。 ・仕訳学習機能 一度登録した仕訳を自動で学習し、同様の請求書が届いた際には仕訳の入力をすることなく、請求書の処理をすることができます。 ・会計システム連携機能 freee、マネーフォワード クラウド会計、弥生会計をはじめとした主要な会計システムと連携しており、各会計システムに連携する仕訳データを自動で作成・連携できます。 銀行の振込データも同様に自動で作成可能です。 ・請求書回収機能 お取引先または事業部からメールで受け取る請求書の宛先にLayerX INVOICEのメールアドレスにしておくことで、回収からデータ化まで自動で行います。 ・アラート・源泉所得税レポート機能 同じ請求書の二重払いの防止や、毎月発生する費用の計上漏れを検知するための各種アラート機能を搭載しミスの低減に寄与します。また、源泉所得税の集計も自動的に行うなど、請求書処理の後工程の効率化も支援します。 ・紙の請求書の代理受領・データ化 LayerX INVOICEの連携パートナーの紙の請求書代理受け取り・スキャンサービスを合わせてご利用いただくことで、出社不要でクラウド完結な請求書の一元処理が可能になります。 ■ 取締役CTO 兼 DX事業責任者 榎本 悠介のコメント 「100社ヒアリングしたら100社ともアナログ処理が残っていた」ーーー 今回提供開始する請求書AIクラウド「LayerX INVOICE」の開発にあたり、100社以上のヒアリングを元に開発を進めてきました。ブロックチェーン事業からチームを切り出し、10名弱のスモールチームでプロダクトをアップデートし続けています。β版利用企業のみなさまからいただく、以下のような声を開発の力に変え、コロナ禍の「#経理DX」を加速し、LayerXのミッション「すべての経済活動を、デジタル化する。」を実現していきます。 ■利用企業の声 ・これまでは請求書枚数が増えると現状メンバーが残業したり、アルバイトなどで人力でカバーする運用をしていたが、LayerX …

Continue reading